FC2ブログ

敗北だけども、感動した試合だった。

もう気づいている方が多いと思うんですけど、日本敗退しました。
なんというか、もう本当に感動させてもらいました。
それよりもまず、最初はあまり期待をしてなかったのに、
急に手のひらを返したように応援した私を許してほしいです。本当に申し訳ない。
そのことをわかった上で、もう少し語らせてやってください。

まず、今回は結果がPKとなってしまったんですが、ここまでノーゴールはすごいですね。
その守備能力の高さ、だれかのミスをカバーできる協力プレイに感動しました。
川島がクリアしたボールがまだ生きていたんですけど、中澤がきっちりカットしてくれました。
あのシーンはドキドキしながらも、日本の協力プレイのすごさを感じました。
また全員で攻めて全員で守るという本当に全員の力を感じるようでした。
それからイエローが出された松井ですが、松井の動きは相手をひきつける効果があるようですね。
見事に相手チームはかきみだされていて軽やかでした。本当にすごい。
あと本田は相変わらずチームの要になっていました。FWなのにきちんと自陣も守って、
攻めて、また守って…と、スタミナの高さがわかりました。
PKのときにプレッシャーをもろともせずに涼しい顔で決める本田もやはりすごいです。
あの人はきっと大きくなるんでしょうね。すごく期待してます。
もちろん本田だけでなく、闘莉王の鉄壁の守り。あれは見てる人に安心を与えてくれますね。
スペースが…と思ったところにきっちり闘莉王が守りにきていて、全体をよく見てます。
前回にも言ったと思いますが、闘莉王と中澤のディフェンスは本当に硬いですね。
大久保はおしい局面が2,3あったように感じますが、やっぱりうまいんです。
攻め手のときにすっとスペースに入り込んで…というのを今回見させていただきました。
もちろん岡崎のドリブルさばきもスピードに乗っていて、よかったですよね。
本田と岡崎の協力プレイは決まりはしなかったものの、今回も見れて満足です。
長谷部のキャプテン能力はやっぱり高いですね。
プレイに触れなくて申し訳ないですが、終わってからのコメントが男らしく感じました。
キャプテンが長谷部だったおかげで、これくらいまとまったのかもしれないですね。
見かけだけかもしれないですが、今回のW杯メンバーは本当に仲がいいなと思いました。

前半45分(ロスタイム1分)、後半45分(ロスタイム3分)、延長前半15分、延長後半15分、
計120分をよく粘って粘ってシュートを打って守って…を繰り返せましたね。
私はパラグアイの戦い方は相手を攻めさせようとする闘いに見えたので、
よくその挑発に乗らずにしっかり守りきったなと思いました。
相手チームでマンマークされてない選手がいて、危なかったですけど。2回ほど。
そこは川島、中澤、闘莉王がしっかり守ってくれました。本当に鉄壁ですね。

結局PKに持ち越しとなってしまったんですが…。
やっぱりPKで勝敗が決まるというのは少し後味が悪いですね。
一人の人に責任が集中しますし、PKはほぼ運ですからね。しょうがないんですけど。
なのでもちろん、駒野も川島も攻めることはできないです。
なによりも最初にあれだけ期待してなかった私が偉そうなこと言えないんです。
あのプレッシャーで川島も駒野もよくがんばった。本当にありがとう。
日本人全員の期待を背負ってくれて本当にありがとう。

まぁひとつだけ残念なことは、少し審判のイエローが多かった、かな?
あとから言ってもどうにもなりませんが、私はそう見えてしまいました。

とにかく、本当にすごかった。選手たちの涙に思わずもらい泣きしてしまいました。
私の中のサッカー魂にもう一度火をつけてくれました。
Jリーグも見に行きたいし、何よりサッカーをやりたいと思わせてくれました。
ただ残念なことに私の学校にはフットサル、サッカーともに男子に占領されてるんですね。
混ざってもいいかなと思ったんですが、女子がいると男子もやりにくいと思うんですよ。
ほら、タックルとかスライディングとかやりにくいだろうし。
でも大学中に個人でフットサルチームを作りたいとは思ってます。
上手い下手はもちろん問いませんし、むしろ楽しみながら強くなっていきたいので。
…ってここで言ってもなにも代わりはないんですけどね。


とにかく、本当にW杯はおもしろかった!感動をありがとう!
またJリーグに行って応援させてもらいます!
スポンサーサイト



Comment

Add your comment