FC2ブログ

しりとり→旅行(1869/復活!)

1.旅行


「キミ、仕事ばかりで疲れてるって言ってたよね。」

唐突に雲雀恭弥が僕に話しかけてくる。
この男は何を考えているかまったくわからない。
だからこそ、僕もこの男に対して気を張っていなくてはならない。
雲雀恭弥は、だれよりも疑っていかなくてはいけない。

「ねえ、聞いてるの?それとも僕にかみ殺されたい…とか?」

「君がここで血を流してくれてもかまわないですが、今は君の話の続きが聞きたい。」

「ふうん…。まぁいいけど。キミが仕事で疲れているらしいから、僕からキミに休みをあげようと思ってね。」

「まず君の下に着いた覚えがない。それから、僕に恩を売って何を…。」

「別に?僕の気まぐれだし、第一、キミなんかに言わないよ。」

相変わらずこの男は喰えない。何か裏があり、僕を利用しているのでは…。

「キミの好きな温泉を予約してあげたんだ。たまには僕のこと、信用してみたら?」

少し眉をひそめながら雲雀恭弥は言う。
その顔がどこか切なくて、なぜか僕の胸をしめつける。

「はぁ…、わかりました。君の言うとおり少し休暇をいただきますよ。あとのことはお任せしますね。」

「えっ、なに言ってるのキミ。キミ1人に行かせたらどこに逃げるかわからないでしょ。
だから僕もいっしょに行って、キミのことを監視してあげる。」

「えっ、僕1人じゃないんですか。」

「キミ…頭が痛いね…。僕が四六時中、監視してあげるよ。光栄に思ってね。」

…やはりこの男…。僕には理解できないようだ…。






---------------------------------------------------------------------------------------------

しりとり第一弾です!!旅行のつもりが、こいつらどこにも行ってないwwww
もうなんというか…せめて出かけろよ!!あと1869っぽくないね??ただの雲雀と骸だね??
設定的には10年後をイメージして書いたんですが、もうわかんないね\(^o^)/
そんなわけで次はりょこうの「う」です!!


---------------------------------------------------------------------------------------------

このしりとり企画に、如が参加してくれるということで!!!
2人でしりとりをしながらSSを書いていく所存でございます!!!
きっと如もブログでうpするのかな?って感じなので、そちらにもどうぞ(^q^)
スポンサーサイト



Comment

Add your comment