FC2ブログ

とある百合語り。

どうも!ゆったりと百合見ながら、うっとりしてます、ぴゅあきです。
最近の自分の更新力には、ちょっとびっくりするものがありますね!でもブログ楽しい!!!
といっても、大したネタのない、垂れ流し状態なのでなにがおもしろいのか自分でもさっぱりわかりません!!
自己満足…これを胸にいつも書いてます!!!元気です!!


今日はほんっとどうでもいい私事をちょっとお伝えしたくてですね…。
某小説サイトさまの超電磁砲のみこくろちゃんがすごく、すごく私の好みどんぴしゃでして…。
その方の小説を、恥ずかしい話、4~5回近く読み返させてもらってるんです…。
文を覚えるんじゃないかって思うくらい読ませていただいて、ちょっとリアルに自分が気持ち悪いです…!!
これってストーカーのたぐいじゃないですか;;やだー;;;そんなレベルだったんですね;;;
そんなわけで、みこくろちゃんかわいいです、今日はそんなみこくろちゃんを語ります。

かっこいい甘えたお姉様と、ヘタレて推しに弱い黒子ちゃんというのが本当に大好きなんです。
最初は黒子ちゃんが押せ押せって感じなのに、本当はまったく手を出せないんだろうなって思い、
それをくみ取ったお姉様がきっちり攻めてくれる、というのが私の理想です!!
ツンデレだけがお姉様なのではなく、相手の気持ちを考えてるってのが本当にかっこいいです。
甘えるときは甘える、かっこいいときはきっちりイケメンを決める。それがお姉様かなと。
とくに甘えるときってのは、黒子ちゃんにしか見せてない部分だと思うんです。
最初はまったく黒子ちゃんに甘えないですし、むしろ迷惑がかかるからって、絶対に弱音を吐かないですし、
黒子ちゃんも無理やり聞こうとはせず、ただお姉様の帰ってくる場所として守ってるんだと思います。
お姉様を信じることが黒子ちゃんの強さであり、優しさでもあるんですよね。
そんな黒子ちゃんの優しさに気付いた美琴ちゃんはありがたいと思いながらも、申し訳なくて。
ぎこちなく弱音を吐き出していって、気付けば安心できる場所になっていって。
そうして、美琴ちゃんは甘えることができるんじゃないかなと思います。

途中なにをいってるかホントにわからなくなって、はっ?ってなってますけど、こんな感じです。
逆に黒子ちゃんは吐き出せないと思います。吐き出し方がわからないっていう感じですかね?
それをまた美琴ちゃんが吐き出し方を教えてあげるっていう…そういう…そういう感じです…!!
わかりますかね!?わかりませんよね!!つまり、某サイトさんはすばらしいということです!!(?
よくわからない文章かもしれないですけど、とにかく、みこくろちゃんすごいです。
いや、百合ってすばらしいです!!!ちょっと文章書こうと思ったのにこんなことになるなんて///


はい、そんなわけで百合は語ると元気が出ますね(^q^)
なにもしていない日には百合について語ろうと思いますwww
あっ…弾丸の語りもしたいです…ただネタばれるかもです…先生…その場合は表記します…
スポンサーサイト



Comment

Add your comment