FC2ブログ

ミリオン4th2日目感想。

ミリオン4thライブ、お疲れ様でした。
まだまだ思い出すと、涙が止まらなくなるんですが、ここで書かずに置いておくと、私は後悔すると思うので、
1番思い入れの深い、2日めの感想をとりあえず書いておこうと思います。
読みにくい箇所や、愛美さんのことばかりを書いてるかと思いますが、
そのあたりもご了承いただきたいです。
まずは、席ですが、全然理解していなかったんですが、アリーナど真ん中の2列目でした。
そうです、伊藤美来さん、愛美さんがすっっごく見えるところです。
ただでさえ、アリーナのほぼ最前だったのに、目の前にみっくと、愛美さんがいるんです。

今回、私はみっくと愛美さんにどうしても書きたくてお手紙を書いたのですが、
そのおふたりが、目の前にいるんです。
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、私はいろいろな意味でこのおふたりが好きなんですが、
こんな隣同士で、しかも私はそれをほぼ最前で見ていいのかと。
正直、この辺りから、自分が崩壊してしまう自信がありました。
Thank you!ですでに泣いてました。いや、それどころではなくて、協賛も読むだけで2日目は潰れると自覚はしてました。
ただ…ほんとにこんな、こんな近さで見ていいのかとほんとに思ったんです…。
だって愛美さん、今回完璧にジュリアだったんですもん。
髪型から髪色から表情から、何から何まで。そんなの、目の当たりにしたら、涙が止まらなくなりますよね。

そして、brave HARMONY。正直、この曲が最後に来てたら、今回泣いた以上に泣いてたと思います。
2曲目でもぼろぼろ泣いてはいたんですが、そんな騒ぎではなく、
崩れ落ちていたと思います。電車に乗って聞いていても、曲を飛ばさないと、泣くレベルになってるのに。
そう思うと、正直、最後じゃなくてよかったな、と思います。


そこから怒涛のピスケスメンバーのソロ。
涙を耐えられるような力なんて持ち合わせていないですし、恋の音色ラインがしょっぱなから来ると思っていなかったので、体が麻痺しました。
たぶんリウムは振っていたように思います。
夕風のメロディーは、大好きって曲ではなかったのですが、実際ライブで歌っている姿を見ていたら、気持ちがぐっと込み上げて来て、
こう、気がついたら涙が止まらなくなっていました状態です。
担当の方だったら、もっともっといろんな気持ちが出て来ると思うのですが、
私はただただ、涙が出てました。
ほんとに。
そして、MariaTrap。やっと、やっとこの目で見たいと思っていたMariaTrapが。髪をしっぽのようにふりふりする姿。血がね、どくどく流れてる気を感じました。見とれてました、一ファンとして。目が離せなくなりました。

Raise the FLAGはイントロが来た瞬間、高まりと感動がいっぺんに来たようで、とにかくとにかくずっと泣いてました。
びっくりするくらい、リウムもまともに振れずに、ただ戸田くんを、ゆきよさんを、あべりかさんを、しっかり目に焼き付けました。
焼き付けられるわけももちろんないのですが、、、(涙で前がぼやけてました
ほんとにかっこよかったです、いつもとは違う戸田くんを見られて、なんか余計に高まったんだと思います。
ほんとにかっこよかった、語彙力ないなあ…かっこいいしか言えない……


Day After "Yesterday"。みんなで歌ってほしいと言われていたところを、歌ったときのあの斉藤さんの表情。
もう、その表情を見られただけでもミリオンライブ好きでよかったと思えるほど素敵だった。
透明なプロローグではもう、SSAのことを思い出してしまって、あのとき泣いてたみっくが、全部しっかりと歌い切ってる姿を見て、ほんとに自然と涙が出ました。
すごく楽しそうに嬉しそうに、歌っていて、七尾百合子とみっくを応援してきた結果かな、なんて大それたことを考えてました。
みっく、すごく強くなってる、こっちが泣いてしまった。
あのときから、気づいたらみっくに惚れ込んでたんだよなあ。それは愛美さんもいっしょなんだけど…。
Precious Grainを歌ってるときのころあずが、いつもとはなんだか違うなって思いました。なんだろ、力強いのはもちろんなんですが、
そういうのではなくて、楽しそうというか……。3rdのときに絵本を歌ってくれた天ちゃんを見た感じとなんか似てるんですよね、気持ちが。
静香ところあずが歌っていた、って感じ。

待ちぼうけのLacrima。正直、Day After "Yesterday"が流れた瞬間に、あ、次は待ちぼうけのLacrimaか、と覚悟はしていたんですが。。。
だめでした、イントロから泣いてました、愛美さんのかすれるような声で歌われると、もうだめでした、
目の前に愛美さんがいて、ひとつひとつの動きもわかってしまって、
どんな表情なのかまで細かく見ることができて、
もう夢であってもなくても、この感動は打ち破れないと思いました。
自惚れでも、痛いヲタクと思われてもかまいません、ただ、愛美さんと目があって、優しく微笑んでもらったと感じたんです。
ただの勘違いかもしれないけれど、私にはそれが勘違いであっても幸せすぎてしんでしまうかもしれないような体験でした。
ずっとずっと憧れていた、それこそ他の人に崇拝しているのではと言われるくらい尊敬していて大好きな愛美さんと、
目があったなんて、こんな幸せはないですよね。
あの場で息絶えていても、私は満足だと言い切れるくらいでした。

曲が終わってからのトークの前にも、私はずっとずっと泣いていたんですが、
それを駒形さんと愛美さんが見つけてくれて、微笑んで手を振ってくれました。
見つけたときに駒形さんと愛美さんがあって顔をされて、手を振ってくれました。
言葉では言ってなかったですが、よしよし、と子どもをあやすみたいに微笑んで手を振ってくれたように思います。
その優しさがまた私に響きすぎて、
だめだだめだと思いながらも、涙がさらに溢れてきてました。
だめですね、ほんとに憧れの人に優しくしてもらえたら、なんかもう立てなくなります。動けなくなります。
こんな幸せ、もう2度とないだろうなと思うと、しっかり噛み締めておきたいのに、そう思うことで余計に泣くことに拍車がかかりました。
認知、なんてそんな大それたことを望んではもちろんいないのですが、
それでも、やっぱり気づいてもらえたら、そんなの感激しますよね。
しっかり客席を見てるんだって気づいたら、崩れ落ちますよね。
トークでよかったです、全然足が動かなくなっていたので、ほんとによかった。
トークもほとんど呆然としていたのですが、みっくが"ジュリア"と呼んでくれたこと、あと、愛美さんが待ちぼうけのLacrimaを言いたがっていたことはよく覚えてます笑
でもトーク中はほぼ、Lacrimaショックが大きくて、覚えてないので、早く円盤が欲しい……

以降もかなりLacrimaショック、あと流星群ショックなどのジュリア、愛美さんショックがでかくて、記憶があやふやになってると思います…ごめんなさい…

フローズンワーr、ワード。かっこいい、、、
なんかあの必死に歌ってる感じがすごくかっこいい。
アフタースクールとはほんとに対照的な曲で、恵美とゆきよさんは、ほんとすごいな、、、と。
どんな曲でも表現する力があって、圧倒されました。
Get Myshinin'。歩の曲はどっちも好きなんですが、恐れ多いのですが、私の18番曲でもあったりします。()
歩と戸田くん、ほんとにかっこいい。こんなに声量ある方だったんだ、と偉そうなことを思ってしまいました。
POKERPOKERは前2曲とは変わって、やっぱりかわいい曲ですね。
曲もかわいいですが、振り付けがまたかわいい。
手品をしてるような動き、あとカードのポーズっぽいこともしてくれました。
ほんとにかわいい、かわいいしか言えないです…

P.Sも、しっかり見とれてました。気づいたら、あのピスケスの世界に連れていかれるので、リウム振るのも忘れるなんて余裕でありました。思ったよりも涙は耐えられたので、落ち着きつつ、感傷に浸っていた感がありました。
あくまでも、耐えられた(自己判断)です()

トークの、フローズンワールドネタを投げたゆきよさんのすぐあとに、フローズンワールドとか言っちゃう戸田くんかわいかった、ほっぺひっぱられてた、かわいかった、かわいかった…。
で、また次のターンにジュリアと愛美さんのソロが来るかと思うと、緊張しまくって、大閃光赤を準備してました。
Lacrima以外、愛美さんが出るたび大閃光赤を4本くらい折ってました。
折ろうと思って、ではなく自然と折ってました。


流星群。SSAで初めてしっかり聞いてから、ジュリアと愛美さんに興味を持ったあの曲。
もうしーんと静まりかえったところで、大閃光赤を折りました。
あのときの私の緊張感はほんとに最高潮だったと思います。誰よりも緊張してました。
すぅーっと、ジュリアと愛美さんが息を吸った声がして、あのきれいな歌声。
あ、だめだ、プラリネ来たら泣くとか言ってたけど、流星群でも泣く。
私にとって、流星群は始まりの曲で、プラリネは気づかせてくれた曲で、アイルは前を向かせてくれた曲で、
どれもこれも私にとって思い入れがありすぎる曲でした。
始まりの曲をあの、てづくりのぶどーかんで歌ってるなんて、こんな、嬉しいことはないです。
ジュリアと愛美さんが歌ってるってことを実感したのは、かなり遅くなって、
たぶんリウム振る手も何度も止まったと思います。
やっと、やっとこの目で直接見られたんだ、と思うと、ほんとにただ、見ていたくて、
でも見続けてると涙がぼろぼろこぼれてきて、それを耐えるためにリウムを振っていた、そんな感じです。
ワンフレーズをプロデューサーが歌う、ってのがあったけれど、あたりまえに泣いてたので、
泣きながら歌いました、歌に気持ちを込めて。
ジュリアと愛美さんのターンが終わったあとは、ほんとにもぬけの殻でした。
嬉しさのあまりか立ってられなくて、呆然と、ただただ呆然としてました。
3rdはLVしか参加できなくて、見られなかった流星群、プラリネ、アイル。
やっと、やっと見ることができました。
本当に、本当にありがとうございます。
プラリネとアイルは、まだこの目で直接は見られていないけど、いつか、いつか必ず見たい。
ジュリアと愛美さんのステージを、今後もプロデューサーとして。

vivid color。流星群の後で、休憩を挟まないでのこの曲。歌唱力の暴力。
まさにそんな感じで、休憩の暇を与えられないターンが始まったなーなんて考えてました。
vivid colorは初めて聞いたときも、あの紗代子ちゃんが、こんな曲を歌うんだって思ってました。
もっとはじけた曲かな、なんて思ってたけど、どの曲も紗代子ちゃんはどこか切ないんですよね。
それについての語りはまた今度ですかね。
駒形さんが、涙声になった瞬間、胸がぐっと締め付けられるようで、
あっ、やばい、私も極まって泣くって察しました。
ずっと泣いてるんですけど、泣いてないターンがほぼなかったんですけど…。

そのあとはFIND YOUR WIND。やばいですね、めっちゃ声透き通ってる、響き渡ってる。
空にまで届くような声。ほんとに美しい。麗花さんとぴらみさん、ほんとにすごかった。
一気に会場に麗花さんたちの風を吹かせたって言いたくなるくらい。
始まりから、ほんっとにすごいとしか言えないくらいの声量。
生で聴きたいと思っていた歌が、声が、ほんとに聞けて嬉しかった。。。

ここからのプリムラ。そんなに好きじゃないと思っていた自分がほんとに嫌になるくらい、めっちゃ好きになりました。
かわいい、今ではリピートしてしまってる。。。
百合子みっくがすごくかわいくて、ずっとずっと眺めてました。

流星群から泣いてたんですが、みっくが愛美さんに対して、「ジュリアが!!」って言ってたのは聞こえてました。
めっちゃかわいい、目の前に広がってました、あいみっくが。
あとのトークもしっかり聞いていたはずなのに、すぽんと抜け落ちた気がします。。。


そして、赤い世界が消える頃。一気に会場が真っ赤になって、すごく、ホラーな世界。
さすが、プリムラの世界から一気に恐怖を提供してくるなんて……。
TAの曲は、世界観が独特なので大好きです。赤い世界も他で聴ける曲ではないですし。
2日目がこの曲なら、3日目の曲はもうアレなので、3日目もやばそうです。

Beat the World!!はタオル振るのすごく楽しかった…、戸田くんとゆきよさんが煽ってくれるし、めっちゃ盛り上げてもらった感がすごいですね。周りを気にせず、ぶんぶん回してしまいそうなくらい楽しい曲でした…。しかも戸田くん、最後の挨拶でひろりんと一緒に歌いたいって言ってて。もうそれだけで、涙がぼろぼろ出てきました。
戸田くんの最後のあいさつは、ほんとにずるい。
今までのオーディションの話を聞いて、ほんとにアイマスへの想いも、歩への想いも大きくてほんとに大好きなんだなって、ひしひしと感じた。
こんなのずるいよなあ、って。戸田くんのことめっちゃ応援したくなるもん。
もっともっと好きになるもん。

マリオネットは眠らない。とうとう、ぴらみさんと愛美さんのマリオネットを聞けました……。相変わらず歌唱力が凄まじい。ぴらみさんと愛美さんのセクシーな声が頭をね、刺激してくる。
正直、目の前にこの2人がいるだけで、息ができなくなりそうです。
囁くように歌う愛美さん、ほんとかっこいい。声も表情もほんとにかっこいい。
ファーストからも思ってたけど、微笑み方の表情が挑戦的というか。
扇情的というか…、ほんとに心臓持ってかれてた。
赤リウム振ってた気がするんですが、途中、美希ちゃんリウムも振ってた気もします。
ファーストのマリオネットを思い出しながら考えてたことは、どんどん愛美さんがジュリアになってるってこと。
ギターの演奏ももちろんだけど、見た目を、どんどんジュリアになっていって、
今回の武道館ではジュリアを見せてくれたんです。
今思い出しても、泣きそうになるほど嬉しかったです。
プロデューサーとして、ジュリアを武道館に連れてこれたと感じさせてもらえて、
ほんとに、ほんとにありがとうございます。
ぴらみさんがブログで、4人でマリオネットを、って書いてるのを見たときに、ほんとにミリオンスターズの方って、765のこと好きだなあと思いました。
それはあとに出てくる星屑のシンフォニアでもそうでした。
ミルキーウェイが4人集まっているだけでも嬉しいのに、
セリフの部分が"ほしいみき"だったり、あとのトークでなのなのーとか言っていたり、なによりも終演後の"5人"の手の写真がTLを流れてきたとき、
あっ、765メンバーもミリオンスターズのこと大好きなんだなあ、って、
改めて実感しました。

Blue Symphonyもかっこよかったですね。みっく、かっこよかった。
いつもはBlue Symphonyの振り付けというか、リウムを振るのも遅れ遅れだったんですが、今回はなんとかいけたような…。
この曲聞くと、ミンゴスのことも思い出すし、琴葉のことも思い出すしで、けっこう体が参ってました。
ほんっとにずっと泣いてたなあ私。
一生分泣いたんじゃないかってくらい、泣きました。

Flooding。雨の音が聞こえた瞬間、ガタつきました。くるとはちょっと思ったんですが、実際にくると動揺してしまいますね…。
クレシェンドブルーが全員そろって、目の前にいる。
正直このときくらいには抜け殻のようになっていたんで、
ほとんどリウムを振れないまま、聴き入ってました。


愛美さん、最後のトークのときも、ずっとジュリアでした。
いろんな愛美さんが好きですが、私の思い入れはジュリアのときの愛美さんが1番強いですし、1番大好きです。
曲の思い入れとか、愛美さんを知ったきっかけだとか、そういうのを全て含んでいるので、ジュリアと愛美さんのときがほんっとに大好きです。
だからこそ、今回の武道館のときのジュリア愛美さんがほんとにほんとに嬉しかった。しつこいくらい言ってますが、ほんとに目の前にジュリアがいたんです。
私の勝手ながらイメージですが、ジュリアはライブのとき泣かないと思うんです。
あんな感じで、「BlueMoonHarmonyのメンバーは強そうに見えて泣き虫だなー」って笑って言いそうだと思って。
そんな愛美さんにパンチのふりをしてたみっくがかわいいの暴力でしたけど。
ただガーターベルトは愛美さんのシンボルってことで、これからもつけてほしいです。
メンバーも、つけてほしそうだったので。笑
みっくのあとの愛美さんずるいな。いろんな意味でショートしそうでした、私は。


いろいろと書きましたが、正直あの場にいた感動は、もっともっともっとあります。
書く能力がないので、すごかった、感動した、とかしか書けていないですが、
少しでも伝わればいいなと思います。
今回のライブで、よりいっそうアイドルマスター自体を応援しようと思いましたし、
お手紙も書こうと思いましたし、あと、もっともっとイベント参加して、声優さんを応援しようと思いました。
私にはそれしかできないので、、、
あと、後悔したくないな、と思いました。



現地のときの服装やらはまた別の記事で書きます。



ミリオンライブ4thもミリオンライブについても熱く語りたい。
真剣に語りたい。と、2日目に参戦してからずっと思ってます。

※乱文が多くて読みにくかったと思いますが、ここまで読んでくださった方、ほんとにありがとうございます。
スポンサーサイト



Comment

Add your comment