FC2ブログ

ミリオン5th 2日目の感想(という名の愛美さんとジュリアへの気持ち語り)

ミリオンライブ5th LIVEお疲れさまでした。
言葉にうまくまとまるかわからない状況ではありますが、
どうしても、今のこの気持ちを書き出しておきたいと思い、ブログを書いてます。
取り急ぎ、2日目の感想、、、と言いながら、愛美さんとジュリアへの気持ちを書こうと思います。


今回、皆さんも予想通り、新曲がくるとはわかってましたよね。
私も確実にスタートリップがくるってわかっていたので、
私なりの目標がありました。絶対に泣かずに、愛美さんの姿を目に焼き付けること。
今まで私は、愛美さんがステージに立つだけで涙がこぼれるレベルだったので、
叶わぬ夢かもしれないとか、ちょっと思ってました。
(実際フェアリーテイルでボロ泣きして、連番者の方に大丈夫かと思われてました)
フェアリーテイルの前に、まず愛美さんの紹介がセンターモニターに映ったとき、
涙をぼろぼろ流して、見事に先が思いやられる状況でした()
一種の恒例行事といいますか、私、愛美さんに関しては涙腺が桁外れに弱いみたいです。

【フェアリーテイル→ドリームトラベラー→HOME, SWEET FRIENDSHIP】
前半で、愛美さんががっつり出てしまわれて、心が落ち着く暇もありませんでした。
ちょっと待ってほしいと思いながら、ああ、スタートリップのためなんだと思いました。
(おそらくスタートリップは後半最初にくるかなと思っていたので。。。)

歌った選曲がだめでしたね。HOME, SWEET FRIENDSHIPって。
歌詞を見てもらうとわかるとおりなんですが、ただいまって言える場所なんです。
それをジュリアと愛美さんが歌うんです。スタートリップで居場所がなくて途方にくれていたあのジュリアが。
しかも愛美さんはすごく楽しそうに歌われて。シアターを居場所だって言ってくれているんです。
ようやくミリオンライブでの居場所を見つけたんだなって思いました。
もちろん来るとはわかっていたスタートリップですが、この流れでくるかーと正直心臓もたないと思いました。

曲順は変わりますが、ドリームトラベラー。
このシアターで夢を見ることを誓ってくれたように思いました。
アイドルは手違い、だった彼女が、トップアイドルになると誓ってくれたように。
ほんとに、この2曲をジュリアと愛美さんに歌わせてくださって感謝の言葉しか出ません。ありがとうございます。
もっとうまい言葉選びができればよかったんですが、、、すみません、今は頭が回ってないみたいで、
後々追記するかもしれません。

【スタートリップ】
スタートリップ、もちろんこの曲はジュリアのバラード曲。
いろいろな思いが詰め込まれている曲だと思います。(前にブログに書いたとおりですが)
スタートリップの途中で、愛美さんが声を少し震わせて歌われた瞬間、
あ、今自分のことと重ね合わせて歌ってるなって実感しました。
私の知ってること、反対に知らないところできっと愛美さんは闘われていたんだなって。そう思いました。
そうですよね、初めてSSAのステージに立っていたときのこと、思い起こされますよね。
あのとき、この人って強い人なんだろうなって思っていました。
でも今はそれが違うってわかりました。
愛美さんは私たちのために強い女性であろうとしてくれてたんだろうな、、なんて勝手に思ってます。


今回、愛美さんが挑戦することは不安だ、っておっしゃってたけれども、愛美さんの今回の挑戦は、
①見た目を自分らしくあること、
②ミリオンスターズの輪に入ること、
なのかなと思いました。今まで、愛美さんはジュリアに近づいた雰囲気を出されたり、
ミリオンスターズのメンバーが話しているときでも、どこか一歩置いていたように感じます。
それが、今回は愛美さんの姿のままで、しかもミリオンスターズのメンバーに入っていってて。
愛美さんもこの場所に、"居場所"を見つけたんだなって思いました。ジュリアと同じで。
表情も前よりすごく優しくなっていて、それをより感じました。


見事に体現され、周りを惹きつけた姿、やっぱりこの人しかいないと気持ちを固めた瞬間でもありました。
私はこの人がとにかく大好きで、とにかく応援したくて、とにかくずっと見ていたい。
Twitterでも書きましたが、私はほんとに何度も愛美さんに恋をしています。
今回もまた、恋に落ちて、そしてより気持ちが強くなったことをすごく感じました。

実はスタートリップくるまでの記憶ってほとんどなくって笑
ほんと、私は愛美さんしか見えないんだなって自分で自分にちょっと笑ってしまいました。

ライブ後はいろいろと悩んだところはありましたが、
愛美さんを受け止めてくれた、ジュリアPさん、本当にありがとうございます。
(すみません、どこから目線だとは思うのですが、いい言葉が相変わらず出ませんでした。。。)


私が頑張ったことは、スタートリップで泣かずに双眼鏡で、ずっと愛美さんを見ていたことです。
紛れもなくあれは、ジュリアと愛美さんでした。
その姿を、絶対に見逃したくない、せっかく愛美さんが歌を届けてくれているのだから、
一瞬たりとも目を離さないと決めていて、それが達成できて、ほんとによかった。
終わったあとに、話そうと口を開いた瞬間、言葉よりも涙があふれて、ぐちゃぐちゃになりましたけど笑
それでも、私も愛美さんのようにとまではいかなくても、少しは前に進めているのかな。


今回送った楽屋花、赤いガーベラを中心にしたんですが、
まさかその花言葉どおりのことを、愛美さんがおっしゃってたときは、感動して、固まってしまいました。
あ、どうしよう、すごく、すごく嬉しい。偶然だけれども、本当にうれしい。
少しでも同じ気持ちだったんだって、本当に感動しました。楽屋花を送って、本当によかった。


なんだか全然まとまってない文章だなって思います笑
ここに書いたこと、まだまだ全然自分の想いが足りてないとか、視点がとかありますが、
ひとまず、取り急ぎまとめた内容です。長々と失礼しました。

愛美さんを、これからも応援します。

スポンサーサイト



Comment

Add your comment